記憶
2014年03月25日 (火) | 編集 |
…………







ある日帰ると、駐車場の片隅にツバメが居た。

巣立ちが遅れて最後まで巣に居た子だ。



どーしたん??早く飛ばないと危ないよ??




声をかけながら近づくと、バサバサと地面を張って逃げて行く。



!!


右の羽が異様に短い!!




威嚇してあたしの周りを飛ぶ親鳥。



警戒の鳴き声が響く。



目を離したら、何処かに行ってしまうかもしれない。


この辺りはカラスが多い。


狙われる。




捕まえて、巣には届かないので巣の下に設置してたトレー(糞よけに新聞紙を引くためのもの)にそっと返す。



警戒していた親鳥が戻ってくる。





よかった。


しばらく様子を見ることにした。




















…………

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック