膀胱炎再発
2014年12月30日 (火) | 編集 |
………





10月の終わりに細菌性の膀胱炎にかかり、1ヶ月間お薬を飲んだももさん。



11月の終わりには膀胱炎は一段落。



ストラバイト結晶が少しあるけど、菌がいても出る事があると言うことで、水分多く取って様子見になってました。







水分をたくさん飲ませて1ヶ月。



突然1日に2回の粗相をしたももさん。
散歩に行っても頻繁におしっこをする。




いつもは絶対にしない粗相。

おかしい。


夕方の診察からかかりつけ医は正月休み。


仕方なく、尿を取ってすぐ1番近所の獣医さんへ。




結果はやはり膀胱炎。



繰り返すことが多いみたい。



ここの病院は会計は金額のみ記載のレシート1枚。




思わず、明細はないんですかって聞いてみた。



にこやかにすぐ書きまーすって書いてくれたけど、いつもは貰ってるだけに??



他の病院はどうなんかな~。



ももさん連れて行ったけど、ももさんを見ることは一切なし。


尿検査と体重測定とお話しだけ。



いつもの病院は初診で連れて行ったら、診察台でももさんの目を見たり口の中見たりお腹押さえたりと色々見てくれるねんけどねぇ。



再診になってくると、尿検査とお話しだけなら、診察料も取られません。




病院によって色々ですな。





ももさんに1度も触ることなかった先生。尿検査も簡単なもの。細菌培養検査もしなかったし、お腹のエコーもなし。
ま、尿検査で明らかに膀胱炎の所見が出たからかもしれないし、設備的な問題かもしれない。

でも、診察に連れて行って診察代をしっかり取るんだから、ももさんに1度も触れないってどうなんかな。

尿検査の結果。






かかりつけ医の初診の時の尿検査。







ま、色々な考え方があるから、どちらがいいかは個人的な意見やけど。





犬に負担をかけないっていう点ではいいのかな~。




前と同じ抗生物質を貰って帰って、粗相はとまりました。














用事をする間ゲージに入ってたももさん。早くよくなりますように~







………












コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可